中国人のテロ伝統

一部ショッキングな画像がありますので、ご注意ください!

Saturday, April 01, 2006

中共はいつ倒れるか


中国共産党と中華民族の未来について、江沢民と胡錦涛が秘密談話。。。
江沢民:
 おれが死ぬまで共産党政権が生きて欲しいけどさ、国内の反動分子が不満で暴動を繰り返している。新疆の東トルキスタン分子、ダライラマ集団、内モンゴルなど分裂分子が政治不安定の恐れだし、米国を始め、西方敵対勢力がわが国を分裂させ、民主化を普及させようとしてる。日本も最近まで中国式に騙して来たが、現在では日本国民も目が覚め、我々の抗議にも関らず、小泉さんが靖国参拝を続けている。わが解放軍の人数と戦闘機は多いが、本気で戦ったらわが解放軍戦士らは何のために戦っているのか知らずに、負けるし、共産党にも不満を持っているから自信はない。日本の自衛隊は怖い。戦闘機は少ないが、2時間で主な都市を麻痺状態にしてしまう技術を持っている。米軍、台湾も我々が嫌い。少なくともおれが死ぬまで政権が生きて欲しい。ヨーロッパ人権裁判がおれをはじめ国家指導者を裁判に取り出そうとしているようだ。最近よく眠れん。
胡錦涛:
  暫く心配はしないで任せてください。北京オリンピックが成功したら暫く生きていける。反対者を続けて弾圧し、臓器で国際商売までして、市場と社会を安定に見せ、発達国家に投資してもらい、税金をとり、人民の中からちょっとの公民を就職させ、後は我々の家族、仲間に主な権力を逃げさせ、政治、軍事、経済、情報と国家秘密をコントロールし、欧米や日本から援助をもらい、アフリカや中央アジアのプロレタリアーの第三国にちょっと援助し、国連で投票してもらい、中央アジア各国の共産党頭の指導者の家族に賄賂を払い、ロシアと結託して、日本の左翼を中心に親中派を動員させ、日本のメディアをコントロールすれば、暫く問題はないと思う。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home